(名 称)
第1条 本会は、『とかちの木で家をつくる会』と称する。

(目 的)
第2条 本会は、森林所有者をはじめ住宅の作り手と住まい手が、お互いに顔の見える関係を構築し、カラマツをはじめとした地域の木材による家づくりを通じて、十勝の森林を育み、その環境を後世に引き継いでいくとともに、環境に負荷の少ない循環型システムの実現に寄与していくことを目的とする。

(事務局)
第3条 本会の事務局は、十勝からまつ製材加工協同組合に置く。

(活 動)
第4条 本会は第2条の目的を達成するため、次の活動を行う。
(1) 地域材による家づくりの啓蒙・普及・推進
(2) 地域材の安定供給への普及・推進
(3) 地域材の活用に関する調査・研究
(4) 森林・林業・木材産業、住宅建設、環境問題等に関わる調査研究
(5) その他目的を達成するために必要な活動

(会 員)
第5条 本会は第2条の目的に賛同する下記の個人または団体をもって組織する。
(1) 地域材で建物を建てることや、木について学びたい人
(2) 地域材の生産と活用に取り組んでいる人
(3) 環境問題、健康に暮らすことなどに興味を持っている人
(4) 林業などの体験を通し、森づくりに関わりたい人

(役 員)
第6条 本会に次の役員を置く。
(1) 会長1名、副会長2名、事務局長1名、会計1名、監査1名、幹事若干名とする
(2) 役員は会員の中から互選により選出する。

(役員の任務)
第7条 役員の任務は次のとおりとする
(1) 会長は本会を代表し、会務を処理する
(2) 副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する
(3) 会計は本会の出納及び会計を管理する
(4) 事務局長は本会運営に関わる事務全般を行う
(5) 監査は会計を監査し、これを報告する
(6) 幹事は会員の意見を反映させる

(役員の任期)
第8条 役員の任期は原則8年とし、再任を妨げない。また、会長は次期会長を指名することができる。

(顧 問)
第9条 本会に顧問を若干名置くことが出来る
(1) 顧問は会長が役員会の義を経て委嘱する
(2) 顧問は本会の重要事項に関し会長の諮問に答える

(アドバイザー、オブザーバー)
第10条 本会にアドバイザー、オブザーバーを若干名置くことが出来る
(1) アドバイザー、オブザーバーは役員会で選任し、会長が委嘱する

(会 議)
第11条 本会の会議は総会及び臨時総会とする
(1) 総会は会長が招集し年1回開催する
(2) 総会は会員の半数以上の出席をもって成立する
(3) 臨時総会は必要に応じて、会長が招集し、会員のほかアドバイザー、オブザーバーも参加出来るものとする

(普及推進会議)
第12条 第11条の会議のほか、必要に応じて、普及推進会議を開催し、本会の事業運営にあたるものとする。

(総会の議決)
第13条 総会の議決は、出席会員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長がこれを決する

(会 計)
第14条 本会の運営に必要な経費は、次の収入をもってあてる
(1) 年会費、臨時会費
(2) 助成金及び寄付金
(3) その他の活動における収入

(会計年度)
第15条 本会の会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日とする

(細 則)
第16条 その他本会の運営に必用な細則は、役員会が別途定める。

(慶弔規定)
第17条 正会員に次の基準により慶弔見舞いを贈る。
(1) 結婚 本人・子が結婚のときは祝電を贈る
(2) 死亡 本人・配偶者・子・本人の両親が死亡のときは香典10,000円及び供花または地方紙の新聞広告のどちらかとする。
(3) 災害 本人が1週間以上の入院のときは見舞金5,000円を贈る
本規約は平成16年5月8日から施行する
本規約は平成18年4月8日から施行する
本規約は平成19年4月18日から施行する

<とかちの木で家をつくる会 細 則>

(会員の種別)
第1条 本会の会員は正会員と賛助会員とする
(1) 正会員は、本会の目的に賛同し、入会した個人及び団体とし、会議の議決権を有し、正会員になるには理事会の承認を必要とする。
(2) 賛助会員は本会の目的に賛同し、活動を支援する個人、団体に構成され、会議での議決権を有しない

(年会費)
第2条 年会費は以下のとおり定める
(1) 法人正会員 ………20,000円/年
(2) 個人正会員 ………5,000円/年
(3) 法人賛助会員………10,000円/年
(4) 個人賛助会員………3,000円/年
事業実施に際し、必要に応じて臨時会費を徴収する場合がある。

ホームこのページのトップ